2011年12月20日 (火)

想い出の品(恋のカケラ)を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(番外)


◇恋のカケラを捨てる

10月29日に捨てた想い出品のなかで、特別な位置を占めていたもの。
それは古い恋の欠片だ。

最近別れたばかりの彼との間には、物質的なものが殆ど無かった。
買ってもらったバッグは、物としても気に入っているのでフツウに使ってるし、
彼は写真が嫌いだったから、
一緒に取った恋人らしい写真なんて、完全に、1枚も、無かった。(ヒド過ぎる!)
貰った恋文も、送った恋文も、0通。
ゆえに、捨てるという工程、そもそもナシ。

でも、学生時代の彼氏との間には、たくさんの手紙があった。
学生時代の彼氏のことが死ぬほど好きだったので、
(でも実際には死なないということがわかってしまった。大人ってさぁ。)
しかも文学部だし二十歳やそこらだったので、とにかく大量の文字を書いた。

そして、これが自分のイヤなところでそして自分なんだなって思うけど、
当時の私は、恋に溺れる自分をコントロールできない一方で、思っていた。

「こんなに恋に溺れるということは二度と無さそうだから、
 この異常な感じはなるべく記録として残しておこう。
 将来、小説とか書く時の参考になるかもしれないから。」

というわけで、私は、自分がブクブクに感情に流されて書いた手紙を、
せっせとコピーして手元に残していた。

実際のところ、そうやって書いた大量の手紙は、
もう触れることもできないくらい痛々しい存在になっていて、
私はただただそれらを仕舞い込んで、その後の10年を過ごした。

今回の大片付けで、もっとも越えなくてはいけないこと。
それは、あの時の彼氏にまつわる想い出品を処分すること。
最初からわかっていた。

大量の手紙のコピーと、そして、やたらたくさんの出せなかった手紙の原本。
カサカサと、折り畳んだ手紙を開くだけで、電気が走るような感じ。
静かな部屋に響くカサカサ音が、神経に触って、痛い。

そうやって私は数通の手紙を読んで、そして残りは読まずに捨てた。
大事に残してきた手紙の全てを、読むことはしなかった。
それはもう既に、旬を過ぎていたから。

手紙からは、当時の私の感じ方がぶわぁっと溢れてきて。
それは、全部の手紙を逐一読まなくても感じ取れると思った。
そしてそれは、今の私とはちょっと違った。
もっと正直に言えば、ピリピリして吐き気がして、読めなかった。
純粋な愛ならば、繊細ならば何をしても良いと思っている、
若さを自覚し、それゆえに傲慢な愛。

当時の自分は、今の私につながる大切なものだけど、
当時の思考回路を、もう、愛することはできないんだとわかった。

本当は、そんなことは前からわかってた。だから封印した。
だけど捨てることができずにいた。

当時の自分のことは好きになれない。
でもその恋はきっと特別な恋だったから。

大人になって振り返れば、そういうことってただタイミングで、
たとえば今になって彼と再び深く関わることがあるとしても、
もう同じように恋したりは決してしない。
だからこそ、大事に大事にして、大事にしすぎて囚われた。

他の人から見たら特別じゃない、自分にとってだけの特別。
きっと私だけじゃなくて、あなたの心にもあるでしょう?

私は彼とはじめて話した時のことを、今でも憶えている。
高校の担任の先生が誰だったとか、色んなことを驚くほど覚えられないのに、
18歳の私がはじめて彼と交わした冗談と、彼の洋服は全部憶えている。
白のワッフルTシャツと、形の良いジーンズと、
水彩画みたいな素敵なシャツと、黒いチョーカー。

そのチョーカーが壊れた時に、私はそれをお守りにもらった。
捨てるタイミングを失くして、未だに仕舞い込んでいた。

そして何よりも、彼からもらった17通のラブレター。
オーケストラで海外遠征中の私を励ますために、
手紙が得意ではなかった理系の彼がくれた17通のファックス。
懐かしい彼の、少し癖のある縦長の文字。

私はその17通を、生涯捨てることは無いと思ってきた。
でも、今回の片付けではこの手紙を捨てなくてはいけないと思った。
感情を素直に認めれば、本当は捨てたくない。
だから一通一通、残さず読み返した。

私自身が書いた手紙にはうんざりしたけれど、
彼からの手紙に救われる気がした。
そっかあの人は、私のことをこんなに好きでいてくれたんだっけ。

でもその一方で、ようやく私は気が付いた。
あんなに彼が好きで、ああやって彼にすがることばっかり考えていた。
だから私は、海外遠征で失敗したんだな。

本当は、自分が思うようには、周りは私を責めていないことを知ってる。
むしろ本当は、失敗したと思っているのは私だけなのかもしれない。
だけど私の音楽は、最後に届かなかったんだ。
もっと高く、思い描く音楽に届くと思っていたのに、
自分が思う場所には全然行けなかった。だから私は自分を赦せない。

大好きだった彼はすごく素敵な音楽のセンスをしていた。
彼は、私が音楽について思うことを全部わかってくれた。
一学年先輩の彼と恋をして、私の音楽は周りが驚くほど変わっていった。
だけど、最後の年に一緒に音楽をする仲間は彼ではなかった。

時には弱くなりたい時もある。
けれど、弱くなる方にばかり傾いてはいけなかった。
私は、自分が苦しんだり可哀想だったりしたら、
彼が心配して優しくしてくれるから、
自分が弱くなる方に、どこまでも傾こうとしていた。

私は、音楽性の相違を彼に嘆くのではなくて、
目の前にいる仲間たちと、もっと理解しあう努力をすべきだった。
たとえ無理だったかもしれなくても、その努力をするべきだった。
仲間の良いところを見たり、信じようとするべきだった。

彼のことが大好きだったけど、音楽だって好きだった。
たくさん練習して、悩んで育って、ようやく掴んだポジションだった。
大好きな楽器、大好きな譜面、大好きなソロパート。
そして一生に一度しかない、世界一の舞台たち。

あの時、私が最も持つべきだったのは強さだ。
自分の大切な音楽を信じる強さ、
自分のこれまでの努力と進化のプロセスと成果を信じる強さ。
それが無くては、心が弱った瞬間に唇が震えて、もう吹けない。

ピッコロは一人でオケを突き抜けて行く楽器だ。
あんな小さい楽器で、オケ全体を相手にできるぐらいに輝ける。
恐れずに出て、息の勢いを周りと合わせるから、
飛び道具でいても、その音色をオケに溶かすことができる。
だけど足がすくんだら、途端に全てが恐怖に変わる。
はじめてピッコロで舞台に乗った時のあの快感を、
大事にし続けることが出来なかった。

あの時の私は、自信が必要だってことに気付いていなかった。
音楽には謙虚であるべきだと思い過ぎてバランスが悪かった。

そんな私に、師匠は言ってた。
「今の君の音楽はマスターベーション。そんな風に、
 私はこんなに辛いんですって音楽を、お客さんは聴きたいと思う?」
師匠はちゃんと指摘してくれていたけれど、私は理解しなかった。

そういういろんなことを、
私は17通のラブレターを読んで、唐突に理解した。

そして多分、それはまだ私のなかで終わっていない。
今も私は、未来よりも過去にすがろうとするし、
強さよりも弱さに傾こうとする。
昔と同じように、今も自分に自信が持てないでいる。

謙虚さは大事だけど、自分を信じなくては、強く成長していけない。
私はもう、何かや誰かに依存しないで、自分の足で立つ意志を持つべきだ。
また同じ失敗を繰り返して後悔しないように。

私は過去から自分を放って、そして自分のパラダイムを変えて、
未来に向けて歩いていくんだ。

だから、この手紙たちにはさようならをする。
私を想って、こんなにたくさんの文字を書いてくれてありがとう。
想いを届けてくれてありがとう。

抱きしめた手紙の束を、想い切るようにして袋に仕舞った。

非常階段の秘密のキス、手をつなぐ冬の日、
腕の中から見上げる笑顔の口元と、その向こうの星空。
私に恋を教えてくれてありがとう。

そうして私は数日後、手紙をシュレッターにかけた。
ミリミリという音がして、一瞬で想い出は形を失くした。

でも大丈夫。きっと大丈夫。
幼い恋は記憶からは消えないし、それが今の私につながっている。

手放す過去の居場所に、
同じくらい素敵な未来があるって私は信じる。

ちゃんと自分を信じて前を向こう。
そしてもしも本当に好きな人ができたら、ちゃんと恋をしよう。

だって恋って、幾つになっても素敵でしょう?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

元気出さなきゃ。


割と元気です。彼氏と別れて、崩していた体調も良くなって、
休日は何かにとりつかれたかのような勢いで片付けをしています。

人生でこんなにガツガツと捨てまくったことは過去にありません。
彼氏とさようならすることと比べると、捨てるという行為は簡単なので、
今が捨て時です。
ありがとうと声を掛けながら捨てる洋服たちには、
色んな想い出がくっついていましたけど。

片付けはまだ途中なので、このお話はいつかまた。


気分転換に、遊びに行こうかって誘ってくれるお友達とかがいて、
そういうのが素直に嬉しいなって思った。

ディズニーランドも遊園地も、ものすごく長いこと行ってない。
なんだか若返ったみたいで嬉しいな。

って思って、彼氏(もう、元彼か)のことを思い出す。

元彼とは、本当にどこにも行かなかったな。
なんのイベントが無くても、家にいるだけで大丈夫なくらい仲良しだったから。
どんなくだらない話でも楽しくしていられたから。

だけど、もうちょっとどこか行けば良かったのかも。
私が行きたいってちゃんと言えば良かったのかも。
敢えて行きたいって言うほどでもないから仕舞った。
それで結局どこにも行かなかった。

一緒に北海道に行きたかったな。
大好きな空や大地を見せたかったし、紹介したかった人たちもいた。
いつかじゃなくて、今行こうよって、言えば良かったのかもしれない。

考えてもしょうがないから、このお話もおしまい。

今日は、とても久々に、会社で上司と言い合いしました。
上司と言い合いしたことそのものは別に良いんだけど、
(場を改めて冷静に対立を解消すれば収まると思うので)

そういうことを、自分の有利にするために、
好き勝手に加工して噂にしようとする人とかが大体いるので、
そういう人間関係とか思惑がとても億劫だ。

共通目標が無い組織って本当にツラい。
組織を作るのはヒトだから、トップ層の意識が変わらない限りはしかたない。

じゃあトップ層の意識がアレだからしょうがないって、
諦めてしまうわけにもいかないので、自力で考えたり工夫したりする。

よっぽど恵まれた組織でも無い限り、抵抗は必ず存在する。
黙って座っていれば波風は立たないけど、
これまでとそっくり同じでないように動けば必ず風は起きる。

会社や人間関係でイヤなことが会った時は、
いつも彼氏(元彼か…)に相談した。
洞察力だけは半端無い人だったので、いろいろと役に立った。

こういう時に、彼氏(だから元彼ですってば)がいないのがキツいなぁ。

まぁでも嘆いていてもしょうがない。決めたのは自分だから。
それに、私だって少しはいろいろ覚えたから、別に大丈夫だ。

人間関係のギスギスくらい、私だって一通りは経験してきた。
もっと露骨で言いがかりな目にあったことなんていくらでもある。

その頃今よりもっとずっと世間知らずで繊細で弱くておまけにアホだったけど、
それだって命まで取られるようなことにはならなかった。
そん時はキツくても、長い目でみたらたいしたことじゃない。

(まぁ私がお嬢様臭いからイヤミのひとつも言ってやりたいとか、
 その他もろもろ、相手方の気持ちもわからないわけではないし。)

彼氏(えぇと元彼)がいないことはしんどいけれども、
彼氏(元彼?)が教えてくれたこともたくさんあるから、前より私はもっと逞しい。
そして、もともと私は逞しい。

たくさんの経験を重ねて、世間知らずのお嬢様(を名乗るほど裕福ではないが)から
独自の変化を重ねてガラパゴス化してきたのだから(それって良いことなのか?)、
私はそうそうダウンしたりはしない。

しなやかなカラダと強靭な心が欲しい。育てよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

あと45日で2.5kg痩せるのだッ!

こんばんは。
良い子は寝る時間です。

「オマエ、いつも“明日からダイエット”ゆってて全然痩せねーじゃねーかよ!」
と各所で突っ込まれているウシ子です。

先日、産まれてから今日に至る中で、最大の体重を記録してしまいました。

自分が怖すぎる!


今日体重計に乗ったら、
その最大値からは0.8kg痩せててちょっとだけ安心しました。
そんなウシ子ですが、あと45日で2.5kg落とすことに決めました!


痩せねばならぬ理由があります。


45日後に大学オケの大好きな後輩の結婚式があります。


そして。


そのお相手がなんとビックリ、同じオケの先輩でした。

てことで。

もう二度と合わないと思っていた、
死ぬほど好きだった当時の元彼と顔を合わすことに!!!


ぎゃ~。

彼は、とってもカッコイイ人でした。
主観の問題ですが、当時、オケで一番カッコイイよね、とか言われてました。
(私の好みの顔ではなかったけど。)

典型的なB型で、楽器が上手で、明るくて太陽のような人気者で、
うちのオケには珍しく垢ぬけてて、顔もスタイルも良かった。

当時の私は、とにかく、彼が好きで好きで好きで、
音楽性まで一気にブレークスルーしちゃったために、
「ウシ子さん、いきなり音楽が変わってますけど何かあったんですか?」
って、耳の良い後輩から突っ込まれるほどに、
恋すると全てが変わってしまう、そりゃもうお子ちゃまで、
暴力的なまでに純粋な小娘でした。

最後に会ってから11年。
彼に対してはもう何の未練もありませんが、
あまりに幼かった当時の私のイタ過ぎる言動を思い起こすと、、、

もう、穴掘って隠れたくなります。。

でも、それが若さってものだからねぇ。うんうん。


まー、人間誰しも、一生に一回くらいは
全身全霊をかけるくらいの勢いで恋に溺れても良いんじゃないでしょか。
学生時代だったからこそ、あそこまで非現実的なくらい、
恋愛のことで頭がいっぱいになってても生きていられたのでしょう。
今では、良い経験だったと思っています。

そういうわけで、
本当に、恋愛と音楽と文明的怠惰のことしか考えていなかった
世間知らずの文学部の女の子だった私は、


あまりに恋に溺れてしまったためにしばらく立ち直れず、
そこからまたヘンな思考回路の独自展開をしてしまい、
永田農法よろしく、自分を追い込んで逞しくなろうと
いろんな場所で住込み仕事とかしていたら、


いつの間にか、煮ても焼いても食えない
現在のウシ子になっちゃいました☆

でも、私は、基本的に自分が大好きなナルシストなので、
まだ好ましい人生のレールから外れていなくて、
一応世間的には優等生に見えた当時の自分よりも、
紆余曲折を経て来た今の自分の方がずっと好きです。

きっとこの先も、過去の自分よりも、
現在形の自分を一番好きだって思っていると信じてます。

だって、積み重ねた経験の分だけ、魅力が増えているハズです。
皺や白髪が増えても、歳を取るほどに
ますます素敵になっていく人は幾らでも居るのですから。


でもね。

それとは別次元で、恋に溺れた小娘時代の私はカワイイんです!
当時、元彼と撮ったプリクラとか見ると、絶対今よりメイクとかずっと下手なのに、
「一片の隙もない満面の幸せ☆」みたいな顔で笑ってるわけなのです。

そうです、恋する小娘の笑顔は無敵なんです!


だからこそ、元彼と顔を合わせる時には、絶対に油断したくないですよね!
この気持ち、きっと殆どの女性が解ってくれると思ってます。

今の自分は、仕事も今までになく平和で、相方とも落ち着いているため、
「あ~たとえあと20キロ私が太っても、相方は離れて行かないだろうな~」
みたいに安心しきっています。


その結果、人生最高体重を記録してしまったワケです。


「お前がどんだけ太ろうと俺は別に変わんないよ」
って言ってくれる相方がいることを本当に幸せだと思ってますし、
この先も今の相方とずーっと死ぬまで仲良しだろうなって思います。

でも!それとこれとは別なんです!


ウシ子も女子の端くれですから、女の意地があるわけです。

どんなに別れてから時間が経っても、その後何人と付き合って、
どれだけ別々の人生を歩もうとも…

元カレ、元カノと顔を合わす時って、絶対にチェックしますよね?

少なくとも、私はチェックしてます。
例え、その人と付き合う可能性が0%でも、それとこれとは別です。

「付き合ってた時よりオッサンになってるな」とか、
「なんか前ほど暑苦しくなくなってるな」とか、
「今の髪型のほうが良いな」とか、心の中で勝手に査定してます。


相手もきっとそうだと思います。
そしてそこには、いわゆる「購買後の認知的不協和の解消願望」(で合ってる?)
が働きやすいのだと思います。

つまり、基本的にはそのような時には、
「うん。この人よりも、妻の方がやっぱりカワイイ。俺の選択、間違ってなかった!」
ってみんな思いたいよね。

少なくとも、私自身はそう。元カレにまた会う機会ごとに、
「あーやっぱり、私に合ってるのは今の相方だよね、うんうん。」って思いたい。

だからこそ!


全ての元カレと再会する女子は、
ベストを尽くしてそんな機会に臨まねばいかんのです。


すぐに見た目を手抜きしてしまうダメ女なウシ子ですが、
実は、体型を美しく保つことにだけは、相当執着していました。

でも、ここ3年くらい安心モードに入ってしまい、
とうとう、この体に贅肉がぷよぷよすることを許してしまった次第。

こんなカラダは私のカラダじゃないッ!
昨夏は、あと一歩で元通り、まで体型を戻せた時期があったけど、
やっぱり、そんな時は毎日が楽しかったもん。

ウエストに美しいくびれを!
お尻に重力への抵抗を取り戻すのだ!
(↑オバマ演説並のテンションで熱狂的に読んでください。)


お洋服がキツかったり、お風呂入ったら贅肉が目に付いたり、
そんなんじゃやっぱり自分を好きになりきれません。

この機会に、理想の体型を取り戻そうと思います!

45日で、2.5kg。必達目標です!


以上、かねてからの6時間睡眠目標を今日も守れないウシ子がお届けしました~。

| | コメント (6) | トラックバック (0)