« ひとつぶのチョコレート | トップページ | 人身事故に翻弄されたので主体的な意思決定についてちょっとだけ考えた。 »

2011年11月 7日 (月)

今度こそのエクソダス…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(1)


10月10日に着手して以来、ほぼ3週間にわたり、ひたすら片付けをしていました。
人生で最初で最後の大片付けのつもりです。

「もう洋服もその他もろもろも自分が何を所有していて何を必要としているかすらわからない」
というモノ溢れの状況下で、ずっと抱えていた潜在的なニーズと、

「環境が一変するほどの大片付けをするとしたら、
 自分にとって非常に大きな存在だった彼氏と別れた今しかない」
というタイミングとがあいまって、着手しました。

「彼氏と別れることのハードさと比べたら、物を捨てるなんてちょちょいっすよ!」
という、心理的錯覚みたいなのを利用しているんだかなんなのか。

そして、片付けに際しては、書籍の力を借りました。

『人生がときめく片づけの魔法』
http://www.amazon.co.jp/%E4%BA%BA%E7%94%9F%E3%81%8C%E3%81%A8%E3%81%8D%E3%82%81%E3%81%8F%E7%89%87%E3%81%A5%E3%81%91%E3%81%AE%E9%AD%94%E6%B3%95-%E8%BF%91%E8%97%A4-%E9%BA%BB%E7%90%86%E6%81%B5/dp/4763131206

※この本を他人に薦めるかというと、
「クセがあるのでご自分でご判断を」という感じです。

多分、合わない人にはもはや宇宙語だと思います。
本屋でパラパラと数ページめくって、違和感がある人は、
きっとやめておいた方が良いと思います。

ただし、私にとっては強烈に効きました。
この本は、女子が片付けにつまづく細かいツボを本当に良く抑えています。
たとえば、捨てる服を母親に見せてはいけないとか…。
謎のコードは永遠にナゾのままとか…。

5Sの効用を何回も習ってつくづく納得しながらも、
実際にはこれまで「捨てる」ことができない私にはぴったりの本でした。

どうしてもどうしても片付したい。
自分のパラダイムを変えたい。
だけど、いくら片付や整理術についての知識を入れても、
実際には未決裁事項が残り過ぎて片付けが終わらない。

そういうわけで、今回は、この本が示すステップをほぼ忠実にたどりました。

実践本やマニュアル本読んでも、過去に一回も実践したことがないという、
学習しないウシ子にしては、これはとっても珍しいことなんですよお客さん!

というわけで、下記のステップで手持ちの物を総チェックして、
一個一個捨てて行きました。
時間がかかるので、土日祝日で1ジャンルずつやっていきました。

(1)10月10日~洋服⇒100枚以上さようなら
(2)10月15日~書籍⇒271冊古本行き、その他、廃棄あり
(3)10月16日~書類⇒読み返していないセミナー資料等も相当量さようなら
(4)10月23日~CD・化粧品類⇒数えてないけどそこそこ捨てた
(5)10月24日~ヌイグルミ・アクセサリー・小物等
⇒本棚の上の想い出のヌイグルミたちと総さようなら、等
(6)10月29日~想い出品(過去の手帳・日記・恋文・手紙・作文・子供の頃の作品類)
⇒保管していたものの2/3程度はさようなら
(7)11月3日~写真類
⇒40%くらいは捨てたかな?

今回の片付けというのは、私にとって過去の総棚卸でした。
本来、他にすべきことはいくらでもあるはずですが、
どこかで思い切って、集中してやらないと
永久に私は物の間で圧迫されて生きて行かなくてはいけないし、
永久に私は過去の栄光だか過去の恋の想い出とか、
そういう今では無いものに都合よく頼って生きて行ってしまう。

だから今だと思って、「not to do(今はやらない)」とぶつぶつ呟いて、
他のことを殆ど全部後回しにしてひたすら片付けに熱中していました。

いま実感しているのは、
やっぱり、ECRSは正解でした。
5Sも正解でした。

とにかく、まずは「捨てる」が先。
捨てていくとスペースが生まれて、収納の問題は自然と決まって行きました。

今はまだ、9割ぐらいの段階で、いくつかやることが残っています。
でも、10月11日に整理整頓した洋服ダンスの中は、
約1カ月経っても、完璧な5Sを維持しています。

私の部屋は、過去の35年間で一度も経験したことがない、
整頓された空間になって、空気までキレイになったみたい。
その空間は、私にとっては理想的な場所に変わりました。

余計なものは目に入らず、壁には気に入っている額装が5点。
全てのものの置き場所は決まっていて、
未決済用の一時保管ボックスがひとつだけ。

自室で過ごす時間が、これまでとは劇的に違うものになりました。

同時に、棚上げしている「not to do」が、いい加減「to do」になっていて
そろそろ日常生活に戻らないと本当にヤバいでしょう、という感じにもなってきました。

というわけで、忘れてしまわないうちに、
数回に分けて片付けについて文字をまとめつつ、
日常生活に戻ろうと思っています。

(以下、備忘メモ)

片付けであと残っていること。

【写真】
・選別した写真のスキャン保管、情報追記
・スキャン後の原本をアルバムに入れる。
(そのための、適切なアルバムを購入する。)

【小物】
・卓上に置く、ペン類とリモコンを立てる素敵なケースの購入

【その他】
・楽譜類の取捨選択(未着手)
・過去の携帯電話の山を捨てる(ドコモショップに持参?)
・壊れたPCのハードディスクを破壊した後、廃棄


|

« ひとつぶのチョコレート | トップページ | 人身事故に翻弄されたので主体的な意思決定についてちょっとだけ考えた。 »

コメント

According to my own monitoring, thousands of people on our planet get the credit loans from good creditors. Thus, there is a good chance to find a sba loan in any country.

投稿: ALISSACox | 2013年7月17日 (水) 02時13分

Don’t know which organization to choose to get assistance from? Look through PremiumQualityEssays testimonials (essaysreview.com), and take a sound choice.

投稿: MasterPapers.com rewiew | 2013年7月18日 (木) 09時00分

Some writing corporations specialize on ancient essays paper and other write essay. Therefore, you ought to concentrate on looking for professional corporation!

投稿: business essays paper | 2013年7月18日 (木) 09時09分

But if graduates want to develop paper solely they can find application essays sample on their website, and reach their 24/7 customer live support if any questions.

投稿: EssaysService organization | 2013年11月10日 (日) 18時00分

You could hear several times that only bad university students buy research papers goldessays.com. However, university students search for help because they don’t have other way. Do not listen to such things! Act as you want!

投稿: college research paper | 2013年11月10日 (日) 18時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139972/53182067

この記事へのトラックバック一覧です: 今度こそのエクソダス…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(1):

« ひとつぶのチョコレート | トップページ | 人身事故に翻弄されたので主体的な意思決定についてちょっとだけ考えた。 »