« 書類を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(4) | トップページ | 想い出の品(手帳など)を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(6) »

2011年11月21日 (月)

小物を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(5)

◇CD、化粧品類を捨てる

10月23日、少し時間があったので、CDと化粧品類を捨てた。

CDは、放っておくと増える一方だ。
PCに落としたいものは袋に入れておき、
廃棄して良いものを選り分けた。

昔の男友達がくれたCDとかも捨てる。
今はときめいていない音楽を捨てるとそれなりにスッキリした。
本棚の開きの上段にクラシック、下段にポップス。
溢れていたCDがなくなったので、整頓が維持できる状態になった。
でも結局、クラシックは殆ど捨てられなかった。
不変の名曲は名曲なんだぜ。しょうがないね!

次は化粧品類、本当はずっと捨てたかった。
使いもしない試供品の山とか、
数えたら10年も前のアイシャドウや口紅の使い残しとか。
いつか使うとかって絶対嘘だわ。

化粧品類を捨てて行くと、総量は1/2以下になった。
在庫も1トレイにまとまった。
毎朝使う化粧品も、4つのケースを使っていたのが2つに減らせた。

これまでは、衣装ダンスの上を化粧スペースにしていて、
衣装ダンスの上に、鏡・細長いトレイ・大き目のトレイ、
衣装ダンスに隣接するカラーボックスの上に、小物入れ2つを置いていた。
便利っちゃ便利だけど、色んなものが置いてあるので雑然とする。
埃も出やすいし、物が多いから拭き掃除するたびに大変だった。

捨てて行くことで、これらを2つのケースに統合できた。
そこで、クロゼットのなかのカラーボックスの中段を、
この2つのケースを置く場所に決めた。

毎朝起きると、クロゼットから2つのケースを取り出して化粧をする。
朝、家を出るまえに、ケースをクロゼットに戻す。
増えた手間は数十秒。これで、タンスとカラーボックスの上はスッキリだ。

◇小物類を捨てる

10月24日、小物類に着手する。

まずはヌイグルミ。
本棚の上に、10匹ぐらいヌイグルミが並んでいる。
中学の時の親友がくれたアリクイ、大学の後輩にもらったパンダ、
大好きだった彼がくれたハリネズミ。
テディベアに各所で集めた牛シリーズ。
ディズニーストアで奇跡的に出逢ったデイリーマン(酪農家)スタイルのプーさん。

捨てがたくてしばし思案する。でも決めた。
今までどうもありがとう、さようなら。
白い綺麗な紙袋にみんなを詰めて送り出した。

残したヌイグルミは、枕元の牛トリオ。
1頭は今は遠く離れたお友達がくれた、世界で一個の手作り牛ヌイ。
彼女が私のためにデザインしてくれた恐るべきハイクオリティの牛さん。
これはたとえ彼女ともう二度と会えなくても、一生大事にするものだ。

あとは、BEANIEBABIESの牛2頭。こいつら可愛くて手放せません。

Frosty
http://www.amazon.com/TY-Beanie-Baby-FROSTY-Bull/dp/B000E7KQUI
Tipsy
http://www.amazon.com/TY-Beanie-Baby-TIPSY-Cow/dp/B000E4Q6LE

BEANIEBABIESはty社のヌイグルミですが、
数百種類もあって超オススメです。って薦めてどうする!

次はアクセサリー。
やはり、持っているアクセサリーを全部並べる。
ひとつしかないイヤリングがいっぱい。

プレゼントで貰って気に入っていたけど、
もう古くなってしまって使えないペンダントといか。
デートしていた時に片耳壊してしまったイヤリングとか。

ひとつひとつ記憶をよみがえらせてさよならを言った。
懐かしい通り過ぎた時間のためじゃなく、
これから先のまだわからない楽しいことのために、この場所を空けるんだ。
関わったもの全てを残しておかなくても、想い出が消えるわけじゃない。

最後に、小物類。

これまでに色んなものを捨ててきたから、小物を捨てるのは難しくない。
もらったけれど使っていない、仕舞い込んだままのお土産類は、
気持ちだけ受け取ってさようならだ。

子供の頃の古びたポーチやよくわからない色んなもの。
持ってても何年も使っていないラッピンググッズ一式。
使わないまま色褪せた山のような絵葉書やレターセット。
もう使わないマイクロSDカードとか、大量のコード類、取扱説明書。
なぜか溜め込んでいるブティックやアクセサリーの袋類。
使わないけど大量に持っているポーチ類。

だけど、昔サッポロカフェオレのノベルティで集めた
「5大乳牛ストラップ」は残す。
その後に出た古代牛シリーズはどうにもときめかないのでさようなら。

自分でもなんだかわからないうちに、
5.3畳の狭い部屋にどんどん空間が増えて行く。

片付け祭りは、身体の贅肉をそぎ落としていくのと似ている。

|

« 書類を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(4) | トップページ | 想い出の品(手帳など)を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(6) »

コメント

音楽とビートは、私たちが知覚することができるものにもたらすことができます。

投稿: friv 7 | 2014年7月 4日 (金) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139972/53294735

この記事へのトラックバック一覧です: 小物を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(5):

« 書類を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(4) | トップページ | 想い出の品(手帳など)を捨てる…人生最初で最後の勢いで片付けプロジェクト(6) »