« 句読点あるいは節目のようなもの | トップページ | ひとつぶのチョコレート »

2011年10月18日 (火)

元気出さなきゃ。


割と元気です。彼氏と別れて、崩していた体調も良くなって、
休日は何かにとりつかれたかのような勢いで片付けをしています。

人生でこんなにガツガツと捨てまくったことは過去にありません。
彼氏とさようならすることと比べると、捨てるという行為は簡単なので、
今が捨て時です。
ありがとうと声を掛けながら捨てる洋服たちには、
色んな想い出がくっついていましたけど。

片付けはまだ途中なので、このお話はいつかまた。


気分転換に、遊びに行こうかって誘ってくれるお友達とかがいて、
そういうのが素直に嬉しいなって思った。

ディズニーランドも遊園地も、ものすごく長いこと行ってない。
なんだか若返ったみたいで嬉しいな。

って思って、彼氏(もう、元彼か)のことを思い出す。

元彼とは、本当にどこにも行かなかったな。
なんのイベントが無くても、家にいるだけで大丈夫なくらい仲良しだったから。
どんなくだらない話でも楽しくしていられたから。

だけど、もうちょっとどこか行けば良かったのかも。
私が行きたいってちゃんと言えば良かったのかも。
敢えて行きたいって言うほどでもないから仕舞った。
それで結局どこにも行かなかった。

一緒に北海道に行きたかったな。
大好きな空や大地を見せたかったし、紹介したかった人たちもいた。
いつかじゃなくて、今行こうよって、言えば良かったのかもしれない。

考えてもしょうがないから、このお話もおしまい。

今日は、とても久々に、会社で上司と言い合いしました。
上司と言い合いしたことそのものは別に良いんだけど、
(場を改めて冷静に対立を解消すれば収まると思うので)

そういうことを、自分の有利にするために、
好き勝手に加工して噂にしようとする人とかが大体いるので、
そういう人間関係とか思惑がとても億劫だ。

共通目標が無い組織って本当にツラい。
組織を作るのはヒトだから、トップ層の意識が変わらない限りはしかたない。

じゃあトップ層の意識がアレだからしょうがないって、
諦めてしまうわけにもいかないので、自力で考えたり工夫したりする。

よっぽど恵まれた組織でも無い限り、抵抗は必ず存在する。
黙って座っていれば波風は立たないけど、
これまでとそっくり同じでないように動けば必ず風は起きる。

会社や人間関係でイヤなことが会った時は、
いつも彼氏(元彼か…)に相談した。
洞察力だけは半端無い人だったので、いろいろと役に立った。

こういう時に、彼氏(だから元彼ですってば)がいないのがキツいなぁ。

まぁでも嘆いていてもしょうがない。決めたのは自分だから。
それに、私だって少しはいろいろ覚えたから、別に大丈夫だ。

人間関係のギスギスくらい、私だって一通りは経験してきた。
もっと露骨で言いがかりな目にあったことなんていくらでもある。

その頃今よりもっとずっと世間知らずで繊細で弱くておまけにアホだったけど、
それだって命まで取られるようなことにはならなかった。
そん時はキツくても、長い目でみたらたいしたことじゃない。

(まぁ私がお嬢様臭いからイヤミのひとつも言ってやりたいとか、
 その他もろもろ、相手方の気持ちもわからないわけではないし。)

彼氏(えぇと元彼)がいないことはしんどいけれども、
彼氏(元彼?)が教えてくれたこともたくさんあるから、前より私はもっと逞しい。
そして、もともと私は逞しい。

たくさんの経験を重ねて、世間知らずのお嬢様(を名乗るほど裕福ではないが)から
独自の変化を重ねてガラパゴス化してきたのだから(それって良いことなのか?)、
私はそうそうダウンしたりはしない。

しなやかなカラダと強靭な心が欲しい。育てよう。

|

« 句読点あるいは節目のようなもの | トップページ | ひとつぶのチョコレート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139972/53026479

この記事へのトラックバック一覧です: 元気出さなきゃ。:

« 句読点あるいは節目のようなもの | トップページ | ひとつぶのチョコレート »