« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月15日 (日)

全力で何かをやるというのがいまだに怖い


全力で何かをやるのが怖い。
なんで怖いのかよくわからない。いや、ちょっとはなんとなくはわかる。

宿題があればなるべく後へ後へと回してしまう。
真正面から考えて、自分が知らなかった世界へ踏み出すというのが怖いのだ。

自分の可能性を惜しみなく使うというのが怖いのだ。
これまで知らなかった自分に変わっていくのが怖い。
塞いでいる壁のその向こうに何があるのかを見るのが怖い。

だから、ちゃんと終わりまで頑張りきったなぁと思ったことって、
診断士の一次試験と、去年作ったビジネスプランと、去年書いた原稿のうちの一個だけだ。

それにしたって、診断士一次は当日以前にはまだまだ頑張る余地があった。

ビジネスプランと原稿は、後回し後回ししたために
ものすごく無駄な時間を使ったその果てにようやく完成した。

たとえば、追いつめられて最後にやる5時間があるとしたら、
その前に少なくとも15時間以上は、怖くて動き出せずにうじうじしている時間がある。

ひとつには、完璧主義だから、というのはわかっている。
だけどそれだけが全部じゃない。


ずっと、弱さを自分のアイデンティティのように信じ切ってきたから。
なんの解決力も持たず、ただおろおろと泣いているような生物でいたかったから。

矛盾したものを常に抱いていたい。

どんなに強くなっても、壊れそうな危ういものを手放したくない。

だから変わってしまうのが怖い。

前に進むことへの、とてもつもなく大きな恐怖。
ひとつの課題そのものに取り組むよりも、何倍も大きな、それ以前の葛藤がある。

だけどもう前に進まなくてはいけない時だというのもわかっている。
だから今年は、そういう自分の壁を超える年にしようと決めている。


自分にとって最大のボトルネックは良くわかっている。
もしもこの恐怖を越えられたら、
走り出す前に足がすくんでしゃがみこんでしまう癖を取り除けたら、
それだけで私の人生は変わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月 5日 (木)

GW

いろいろ溜めてしまったことをGW三連休でやろうと
うっすら期待していたのだけど、
地震で延期になったセミナーの代替を入れて
三連休、朝から晩までがっつりお出掛けしてきました。

帰り道で、ぼ〜っとしてたら電車乗り間違えた。
終日セミナーのあとに、よく同じ失敗をやらかします。

たまたまそういうタイミングになってしまって、
今月は22日まで全部、終日セミナーか研究会が
入ってる。唯一の救いは、7日は午後だけだ。
14日から再開する、再生講座の復習しなきゃ。
演習課題もちゃんとやりたい。
お給料一ヶ月分突っ込んでる分、ちゃんと骨肉にしたいよね。

なんの要領が悪くて予定でいっぱいになっちゃうんだろうな。

全部自分でやりたくてやってるんだ。

来年こそは、今年より力を付けて、良い気持ちで
GWに家族と出掛けたり、テニスしたり楽器吹いたり
したいから、そのために今年は頑張るんだ。

大丈夫、ちゃんと一歩ずつ前に進んでいるはずだ。
一ヶ月後にはうんと進歩できているはずだ。

今年はちゃんと前に行きたい。

ちゃんと睡眠取れば、ちゃんと良い一日にできるはずだ。

明日からも、ガンバロー。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »