« この23時間はゆっくりと | トップページ | 刺激と反応と選択の自由と酔っ払い »

2009年8月26日 (水)

いちねんを振り返ってみたり。


宿題に取り組む長い夜です。
でも、夏合宿でたくさんお悩み相談室したお陰で、
同じことに取り組むのでも心理的にラクに向かえるようになった気がします。

・・・

また1個歳を取りました。
もう?という気もするけれど、
1年前を振り返ると、すごく長くて濃い一年間でした。

1年前の誕生日は、朝から気持ちが悪かった。
朝ごはんを抜き、どうにかお店に出たものの、
昼になるとますます気持ちが悪くて、昼のまかないを抜き。

昼下がり、いつもは自転車で銀行に入金に行っていたのが、
あまりの気持ち悪さに自転車も漕げずにとぼとぼ歩き、
帰り道、目に付いた病院に寄りました。

ウィルス性腸炎だろう、とのことで。
「とりあえず点滴と注射で少し楽になるでしょうが効果は一時的。
 今日、明日は絶対に仕事にならないから覚悟せぃ」だそう。

出来て半年のお店で、店休日以外に自分が休むなんて有り得ない!
とそれまで思っていましたが、
あまりにきっぱり先生に断言されたので、
疑い半分、自分の作業を簡易マニュアルにした指示書を作成。
作り終わった18時頃には、気持ち悪さが尋常でなく、
タクシーを呼んでもらいどうにか帰りました。

このウィルス腸炎、複数の人間が会社で掛かっていて、
高熱に加えて吐いたり下したりで一週間も寝込む人が続出でしたが、
早い段階で食事を抜き、病院に行ったせいか、
私は一日半で出社できるところまで復活しました。

で、出社したのは良かったのですが。

復帰して3日目の夜、自転車でコケて足を骨折しました。
当初は事の重大さに気付かず、
松葉杖で2日ほど店先で呼び込みしていましたが、
そうするとむくみが引かず、痛みも治まらず、
結局、自宅で事務作業をすることになりました。

それまでは、何があっても自分の店を休むなんて出来ない、
自分の城なんだから守らなきゃ!とヘンに頑張ってたけど、
いざ休んでみると、店が回ることに気が付いた。

誕生日に寝込んで、回復するなんて骨折だなんて、
ツイてないなぁと思いました。
「運悪すぎじゃね?お祓い行った方がいいんじゃね?」って
周りから言われたり。

けれど私は、
こんな風に足を止める出来事が立て続けに起こる時は、
次の一手を考える時が来たのかも、と思うようにしています。

このまま働き続けても実務補習には行けないから、
2年以内に会社を辞めようと、漠然とは思っていました。

辞めることはわかっている。でもそれはいつなんだろう?
この会社で得られるものと、ここを出ることで得られるもの。
そして、会社を辞めやすいタイミング。
(もちろん、自分の貢献度が下落している時の方が辞めやすい。
 が、心理的に自信喪失している時に辞めるとドツボに嵌まりやすい。)

それまでは立ち止まって考える余裕なんてありませんでした。
骨折したお陰で、落ち着いて考えることができました。

しばらくじっくり考えました。
メンターである元上司に何回も相談しました。

いま辞めなかったら、新しい仕事が始まり、また辞められなくなる。
厳しい労働環境の会社で、1年持たずに辞めるのは負けだと思っていました。
けれど、会社の考えと自分とのズレは埋められないということは、
数か月前に結論を出していたことだし、入社して1年半が過ぎていました。

転職活動は殆どしていませんでした。
けれど、動きが早い社内での様々な事情もありました。
今、出すしかないと考えて、9月末に辞表を出しました。

10月の半ばには松葉杖も取れました。
それからは情報を求めて、診断士の先輩方に相談したり、
研究会の飲み会にお邪魔させてもらったり。
しばらくは診断士の世界に対して浦島太郎状態でしたが、
徐々に考えがまとまっていきました。

10月の有給消化が終わり、正式に退社しても
転職先は決まっていません。
不安はありましたが、焦ることだけはやめようと言い聞かせていました。

今までテキトーに感覚だけで方向を決めて来たけど、
今度の転職先だけは、これから診断士としてどこを向くか?という
方向を決めてしまうものだと思ったから。

結局、10月に応募情報を見つけた今の会社から
11月末に内定をいただき、就職活動を終わりにしました。

一人暮らしのまま、東京都内で働くつもりでいましたが、
郊外で働くことに決めたので、引っ越しをしました。
その先の展開をじっくり考え、
当時お付き合いしていた方とも別れることにしました。

12月から働き始め、2~3月には実務補習がありました。
5月からは、少しずつ研究会に参加し始めました。

これまでは、
土日はただただ家に籠もって寝ていたい性分でしたが、
なんちゃって行動派のフリをしていたら、
面白いチャンスが次々やって来て、
いつのまにか、忙しいヒトみたいになっていました。

無償案件や、研究会の事務方ばかりやっていることを
時々不安に思うことはあるけれど、
ムダなことを引き受けているとは思いません。
有償無償に関係なく、自分の向き合い方次第で、
成長につながる学びはたくさんあるのだと思います。

先が全然見えなかった1年前と比べたら、
仕事も、研究会の居場所もある今は、
ずいぶん前に進めたのかもしれない。


今日のお昼は、久しぶりに水道橋に出て、
予備校でお世話になったT先生とお昼をご一緒しました。

忙しくってちょっと悩んでるんですよ、
ということを話したら、先生が仰いました。


 いろいろとチャンスが多くて忙しいというのは
 幸せなことなんだろうね。
 どこに行っても、なにやっても、
 忙しい人は忙しいんだと思うから、
 その忙しさは、どうせこれからも変わらないよ。


1年前の私が不安だったのは、診断士に合格したものの、
チャンスが貰えるかなんて分からないってことでした。
果たして、自分みたいな未熟者が、
賢い診断士さん方に受け容れてもらえるのかどうか。

そんな不安を抱いていたことを思い出せないくらい、
忙しい今は、とても幸せなのだと思います。

どうせ忙しい生活がずっと続くのなら、
その中で生活をしていけるようになりたいと思います。

この1年の目標は、シンプルに1個だけ。
「持続可能なシステムを作り上げること」にしました。

これさえ出来れば、
あとのことはうまい具合に付いて来ると思っています。


「働くの反意語が休むになっちゃダメなんだよ。
 働くの反意語は遊ぶにしないと、ONとOFFが切り換えられないし、
 働くの反意語が休むだって思っちゃうようになると、
 なんでか仕事もずるずるになっちゃうんだよね。」

しばらく前に聞いた時にはピンと来なかったこの言葉が、
なんだか最近は理解できるような気がします。

さて、合宿も終わったし、
誕生日のノンビリモードも終わったし、
あとは、直視するのが怖いくらい、TODOの山が。

1個1個、着実に前に進もうと思います。
(4割程度、という気持ちも持ちつつね。)

|

« この23時間はゆっくりと | トップページ | 刺激と反応と選択の自由と酔っ払い »

コメント

ウシ子さん、こんばんは!
去年はたいへんだったんですね。。
今も忙しそうですが、ムリしないでくださいネ。
お誕生日おめでとうございます!

投稿: home-away | 2009年8月26日 (水) 23時31分

働くの反語が遊ぶ・・・良い言葉ですね
明日の研修でも早速ネタとして使いますね
(おっと使用料は払いますよ)

うしこさんのご活躍は素晴らしいの一言です。
これからもみんなを引っ張って行ってください。
小生もサラリーマン時代の最後は悶々として
ました。ところがこの世界に入ってからは
毎日が楽しいの連続です。ただ最近はちょっと
軌道修正というか振り返りの中で、もっと
先を見据えて何かをしないと、、という気にも
なってます。これからも我々に考えるヒントを
くださいね。

投稿: kawasemi | 2009年8月26日 (水) 23時35分

どうせ、休んでもないし、遊んでもないですよ(><

うーん、でも今回のブログは参考なった。
 よく考える。

投稿: ロンドン3 | 2009年8月27日 (木) 17時02分

お誕生日、おめでとーございます★★★
診断士のタスクをバリバリこなしながら歳をとるなんてかっこいいww
たまに「ウシ子さん頑張りすぎじゃない??」って心配になっちゃうときもあるけど、お互いマイペースでいきましょうね♪

投稿: tiara | 2009年8月27日 (木) 17時04分

だいぶ遅れましたが、お誕生日おめでとうございました!!&今の私に響く記事、ありがとうございます。
お互い1歩1歩がんばりましょう。
このいちねんもステキな年でありますように。

投稿: ニャン太 | 2009年8月28日 (金) 00時42分

>home-awayさん

わーいありがとうございます。1年間で、だいぶ環境が変わりました。が、中身は相変わらず、アホでえろなので、今年は内面を!とりあえず脱えろです。

>kawasemiさん

働くの反語…研修ではいかがでした?私は、最初はピンと来ませんでしたが、良い仕事する周囲の人を見ていると、確かに「休む」じゃなくて「遊ぶ」のような気がします。
ウシ子は牛歩ですから、カワセミ先生をはじめとする皆さんのご指導のおかげで、どうにかノロノロ付いて行っています。
今年は、○○抜きでもインパクトがあるキャラになれるよう頑張ります。(←裏目標?)

>ロンドン3

ロンドンの場合、反語が「読書」だったりして。
決断の根拠は人それぞれだと思いますが、私は「決断して最悪の展開になった場合でも納得できるかどうか」が結構大事なのかなぁと思います。いずれ独立したいですが、動き出すタイミングって、その時に「あ、ココだ!」わかるんじゃないかなと。

>tiaraちゃん

ありがとう♪イヤ、バリバリ、できてない…牛歩です牛歩。頑張ってないわけじゃないけど、非効率でバラツキがあるんですよね。tiaraちゃんのブルドーザーのような向上心を見習いたいわ。今度女子会しましょーね。

>ニャン太さん

ありがとうございます。
そですね、一歩一歩、頑張りましょう☆
いよいよ新米女子会ですねー。

投稿: ウシ子 | 2009年8月29日 (土) 03時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/139972/46031584

この記事へのトラックバック一覧です: いちねんを振り返ってみたり。:

« この23時間はゆっくりと | トップページ | 刺激と反応と選択の自由と酔っ払い »